terraformで特定のモジュール、リソースを対象にしてplan/applyを実行する。

terraformで特定のモジュール、リソースに対してplan/applyを実行したいことってありますよね。
今回はその方法を以下に記載します。
フォルダ構造はこんな感じです。

.
├── main.tf
└── modules
    ├── s3
    │ └── aws_s3_bucket.tf
    └── vpc
        └── aws_vpc.tf

通常の実行

通常、terraformリソースを環境に反映するのは以下のように実行します。

terraform plan
terraform apply

この場合、s3とvpcモジュールの中身が反映されます。
これをs3モジュールだけ反映させることもできます。

モジュールを指定して実行

モジュールを指定して実行するには以下の通り-target=module.<実行したいモジュール名>とします。

terraform plan -target=module.s3
terraform apply -target=module.s3

-targetは複数指定することが可能です。
s3とvpcモジュールを指定したい場合は以下のようにします。

terraform plan -target=module.s3 -target=module.vpc
terraform apply -target=module.s3 -target=module.vpc

リソースを指定して実行

先程はモジュール指定まででしたが、次はリソースまで指定する方法です。
リソースまで指定する場合は、モジュールの後ろにリソース名を追記したらOKです。
指定する対象のリソースが以下のような場合を考えます。

resource "aws_s3_bucket" "this" {
  bucket = "teshima-sample-bucket"

  tags = {
    Name = "sample"
  }
}

この場合、リソースを識別するためにthisを指定していますので、以下のような指定でリソースまで指定可能です。

terraform plan -target=module.s3.aws_s3_bucket.this
terraform apply -target=module.s3.aws_s3_bucket.this

注意点

モジュール/リソースを指定して実行するため、terraformが全体の整合性を見てくれません。
このため、以下のようなwarningが出ますのでご注意ください。
エラーや、何らかのミスからの復旧とか出ない限り、-targetオプションは普段利用しないでね。って警告です。

Warning: Resource targeting is in effect
│
│ You are creating a plan with the -target option, which means that the result of this plan may not
│ represent all of the changes requested by the current configuration.
│
│ The -target option is not for routine use, and is provided only for exceptional situations such as
│ recovering from errors or mistakes, or when Terraform specifically suggests to use it as part of an error message.

コメント