スポンサーリンク
その他

tailwindcssの独自ユーティリティで、レスポンシブ対応する方法

tailwindcssでは、既存のユーティリティに独自のユーティリティを追加可能である。しかし、ただ追加しただけだとtailwindcssのレスポンシブに対応できない。このため、本記事ではレスポンシブ対応を行う方法を記載する。 独自...
その他

/etc/sudoersの記載について調べた。

sudo権限を編集するためには/etc/sudoersを編集する必要があるが、これの書式を良く忘れるので備忘として記載しておく。なお、/etc/sudoersを編集する際には必ずvisudoコマンドを用いること通常、/etc/sudoer...
React

[Nextjs]pm2環境で起動したNext.jsで500 Internal Server Errorが発生したのでエラーログを確認したい

小ネタです。pm2を利用して、Nextjsを起動すると「500 Internal Server Error」が発生しました。エラーログを探すのに苦労したので、備忘として記録 エラーログの場所 エラーログは以下の場所に配置されて...
typescript

[TypeScript]Omitについて、実際に実装して理解する。

指定した型から任意のプロパティ除外して新たな型にするOmitというものがある。今回はこれを自力で実装しながら理解することを目的とする。 Omitとは Omitとは以下の書式を持つ組み込み型で、指定した型のうち、指定したプロパテ...
typescript

[TypeScript]Recordについて、実際に実装して理解する。

TypeScriptの指定したキーを元に、Mapみたいな型を生成するRecordというものがある。今回はこれを自力で実装しながらRecordについて理解することを目的とする。 Recordとは Recordとは以下の書式を持つ...
typescript

[TypeScript]Excludeについて、実際に実装して理解する。

指定した型が代入可能であれば、それを除外して新しい型を作成するExcludeというものがある。今回はこれを自力で実装しながら理解することを目的とする。 Excludeとは Excludeとは以下の書式を持つ組み込み型で、指定し...
typescript

[TypeScript]Conditional Typesを理解する

Conditional TypesはTypeScript2.8から導入された機能です。これを使用することで、型を条件で選択することが可能です。早速見ていきましょう Conditional Typesの例 Conditional...
typescript

[TypeScript]Requiredについて、実際に実装して理解する。

TypeScriptの既存の型から全てのプロパティを必須にして新たな型にするRequiredというものがある。今回はこれを自力で実装しながらRequiredについて理解することを目的とする。 Requiredとは Requir...
typescript

[TypeScript]Partialについて、実際に実装して理解する。

TypeScriptの既存の型から全てのプロパティをOptionalにして新たな型にするPartialというものがある。今回はこれを自力で実装しながらPartialについて理解することを目的とする。 Partialとは Par...
React

[Next.js]Next.jsでリダイレクトを設定する

Next.js9.5以降はnext.config.jsにリダイレクトの設定を記述することが可能です。 通常のリダイレクト設定 以下の通りの記述をすることでリダイレクトの設定をすることが可能です。 module.expor...
スポンサーリンク