2020-02

スポンサーリンク
userfunctions

UWSCで画像の座標をずらしてクリックする方法

自動処理のシナリオを組む時、見つけた画像をに対してクリックしたい! UWSCではBTN関数にCHKIMG関数で見つけたG_IMG_XとG_IMG_Yを入れることが多いと思います。 ただ、見つけた画像から一定の位置をずらした...
VBA

VBAで自作関数を作ってVLOOKUPをちょっとだけ使いやすくする

VLOOKUP使っていますか? SEであればほぼ必須なこの関数。 使いにくいですよね。 今回はこのVLOOKUPをちょっとだけ使いやすくする自作関数をVBAで作成してみましたので紹介します。 Publ...
userfunctions

UWSCで複数画像を待機する方法

皆さん、こんにちわ。テッシーです。 自動処理のシナリオを組む時、次に出現する画像によって、処理を変えたいって事ありますよね。 そんな時に便利な関数を紹介します! 関数定義 以下が複数画像を待機する関数です。 ...
userfunctions

UWSCで画像を検出するまで待機する方法

こんにちわ。   UWSCで画像の検出をするにはCHKIMG(を使用して画像を検出しますね。 この関数を使用すると画像があるかどうかを一回判断しますが、画像が見つかるまで待機、もしくは、画像が見つかった場合クリックするという処理を追加し...
userfunctions

UWSCでデバッグ出力を行う関数

こんにちは。 UWSCでデバッグする時はPRINTデバッグをするのがメインかと思います。 しかし、デバッグ情報が邪魔になるときがあると思います。 デバッグかどうかで出力有無を変えたいですよね。 こんなときにこの関数を定義してあげると良いか...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました