UWSCで画像を検出するまで待機する方法

こんにちわ。   UWSCで画像の検出をするにはCHKIMG(http://canal22.org/kansu/chkimg/)を使用して画像を検出しますね。 この関数を使用すると画像があるかどうかを一回判断しますが、画像が見つかるまで待機、もしくは、画像が見つかった場合クリックするという処理を追加したいことが多いと思います。   そういう場合に便利な関数を紹介します。

関数定義

以下のようにMODULEで包んであげると同様の関数名があっても衝突しないので便利です。  
MODULE Image
    procedure Wait(ImagePath, SleepTime=0.5)
        WHILE TRUE
            IF CHKIMG(ImagePath + ".bmp")
                EXIT
            ENDIF
            SLEEP(SleepTime)
        WEND
    fend
ENDMODULE

使い方

Image.Wait("画像のパス")

コメント

タイトルとURLをコピーしました